らんまりのラクガキ。。。はじまり

先天性心疾患、単心室の旺ちゃん。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄っぺらい。

  1. 2013/05/14(火) 22:27:42_
  2. 旺ちゃん(^з^)-☆
  3. _ tb:0
  4. _ comment:3

新生児の心臓病に関するテレビを見た。


有名な小児の心臓外科医がとりあげられていた。


 


テレビに出てきた母親は妊娠中に


胎児に先天性の心疾患があることがわかり


うまれたらすぐに手術をするという


私と同じ境遇


そしてその赤ちゃんが背負った運命に


涙が止まらず見ていた。


 


しかしテレビを見終わると


何も核心をついていないことに愕然とした。


 


 


テレビの内容は


とても有名な心臓外科医がいるということ。


そして他の病院でフォンタンを断られたこどもの親が


藁をもすがる想いで


その神の手を持つ外科医のもとへいく。


そしてフォンタンを断らずに手術をするという。


でおわり。


 


次に左心低形成の新生児がSANO手術を無事に終えた。


これもここで終わり。


 


最後に有名外科医の心情を聞いて


スタジオの芸能人が


「あの赤ちゃんの命が助かってよかった」


と涙ながらにコメントし終わる…


 


 


このテレビで言いたかったことは


この有名外科医は


他の病院で断るような難しい手術も受け入れ手術をする。


 


それだけのように思えた。


 


 


確かにこの先生はすごい人だと思った。


 


でも心臓病は手術をすれば終わりではない。


「手術をして命が救われたんだ よかった」


じゃ終われない。


 


手術を断るにはそれだけの理由がある。


手術をするだけならその手術をしている病院であればできる。


 


問題は術後なのに


そんなことは全然とりあげられていない。


 


 


私たち心臓病児を持つ親が知りたいのは


他の病院でフォンタンを断られた子のその後だ。


 


手術はうまくいったのか。


術後の経過は?


 


生後すぐにSANO手術を受けた子の


その後の経過は?


グレン、フォンタンへいけるの?


 


 


そういうことまで追って放送してほしい。


ただの綺麗事ですますだけなら意味がない。


 


これは私の意見です。


 


それに本当にすごいのは


どんな有名外科医でもなく


神の手を持つドクターでもない。


 


病気を抱えて産まれてきた子どもたちの生きる力だと思う。


病気と戦い術後の険しい道をくぐり抜けている


こどもたちの生命力が何よりもすごいのに


そういうことは何も伝わってこない内容だった。


 


こどもたちの戦いに終わりなんてないのに。


 


 

スポンサーサイト

端午の節句☆。

  1. 2013/05/14(火) 16:15:13_
  2. 旺ちゃん(^з^)-☆
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2

5月5日


旺ちゃん一家を応援してくれる


ママとパパの大好きな方たちが


会いに来てくれた!!!


 


はしゃぎすぎてiPadでの撮影を忘れてて


写真が少ない(^^;;


 



 


餅踏みをして山笠コスをして☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


 


旺ちゃんは幸せ。


みんなに愛されている。


 


心を込めて


ありがとう。


 



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



☆ランキング★

最新トラックバック

« 2013 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

らんまりママン

Author:らんまりママン
FC2ブログへようこそ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。