らんまりのラクガキ。。。はじまり

先天性心疾患、単心室の旺ちゃん。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糸。

  1. 2013/07/06(土) 11:24:46_
  2. 旺ちゃん(^з^)-☆
  3. _ tb:0
  4. _ comment:7

【ミサンガ】


お守り。リングが切れるまで付けていると願いが叶うとされている。


 


 


まずは糸選び。


糸の色にも意味があったりするらしいけど


感覚で選びたくて。


 


旺ちゃんの服はとにかくハデ。


旺ちゃんのトレードマークのレッグウォーマーもっ。


だからミサンガの色はあえておさえ目の色をチョイス。


 


 


旺ちゃんとの思い出とか旺ちゃんの笑った顔を思い浮かべながら


糸を結んでゆく。


 


 


どこにつけよう。


 


先生は点滴をとるとき


手を避けてなるべく足にとろうとする。


どうしても足に点滴をとるのが無理なときに手に点滴をとる。


旺ちゃんはよく左手を使うので左利きだろうから


できるだけ右手に点滴をとろうとしてくれる。


 


ミサンガをどこにつけようか考えていると


そんなことを思い出す。


 


旺ちゃんの事を大事に大事にあつかってくれる


とても優しい先生。


 


赤ちゃんの血管なんて糸より細い。


点滴ひとつとるのも至難のわざで


『先生』の立場からしたら点滴さえとれれば、


薬液さえ投与できればいいだけなのに


「左手は自由にして遊びやすいように。」


そんなことまで考えてくれる。




そこまで考えてくれる先生は


『先生』にしておくにはもったいないというと


おかしいというか語弊があるが


心配りがあるというか


『先生』の域を飛び越えて看護師の領域というか。


看護師であってもそこまで考えてくれる人は多くないかもしれない。


 


そんなエピソードがあると痛々しい点滴もまた


微笑ましく見えるものだ。


 


 


ミサンガは左足首につけることにした。


私も左足首につける。


旺ちゃんとおそろいのミサンガを同じ場所につける。


世界に2つしかない旺ちゃんとママだけのミサンガ。


旺ちゃんとママはいつも一緒だよ。


 


 


起きるときついね。


 


ママが旺ちゃんにしてあげれること。


 


せめて眠っている間だけは楽しい夢を見て。


 


 


そんな願いを込めながら


ミサンガを結び、絵を描いた。




薬でやっと眠ってる旺ちゃんがゆっくり眠れるように


観察室の扉に貼った。




静かにしてくださいというメッセージというよりは


なかなか旺ちゃんの顔を見せることができないから


ここにはこんなに可愛い子がいるんだよといいたいばっかり!

スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



☆ランキング★

最新トラックバック

« 2013 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

らんまりママン

Author:らんまりママン
FC2ブログへようこそ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。