• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

らんまりのラクガキ。。。はじまり

先天性心疾患、単心室の旺ちゃん。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あおぞら。

  1. 2011/08/10(水) 15:46:04_
  2. 蘭丸
  3. _ tb:0
  4. _ comment:12
昨日福岡の病院へ行ってきました。

問診を書いているとき
らんくんがほかのお友達と遊びたくて
リードをひっぱる。


私は不安すぎてイライラしてしまい
らんくんを怒る。


こういうときの自分が嫌になる。


すぐに診察室に呼ばれる。

先生に聞けることは全部聞こうと
前日に質問内容をメモしていた。


先生に状況を説明。
すぐに触診し始めた。

らんくんの表情を見落とさないように
私もらんくんをしっかり見つめる。

右足を触り始めると
らんくんがキョロキョロし始め
振り返り先生に触られている部分を見るそぶりをした。



触診が終わり先生から
関節軟骨の炎症を起こしている。
右足の関節を触ると違和感を感じて筋肉に力が入ったと。


腰や股関節を心配していたが
その心配はないとのこと。

念の為レントゲンをとらせてくださいとのこと。


レントゲンの結果。

後ろ足の左右の骨の長さが違う。
誰しも左右差はあるという。

らんくんの場合右足が2cm短い。


らんくんは生後2カ月の頃
ゲージから出ようとして
右足をゲージにひっかけてしまい
右足を怪我してしまったことがある。

そのことを話すと
その怪我が影響している可能性はあるとのこと。

生後2カ月というのは骨の形成に重要な時期のためであるといわれた。


しかし左右の筋肉のバランスと筋肉のつき方が非常に良いと。

これはらんくん自身が自ら
股関節に負担がかからないような走り方をしているからだという。


感動してしまいました。
犬って本当にすごい力を秘めているんだなと。


そしてもっと私達が観察してケアしてあげないとと
本当に反省しました。


 
このあとレーザー治療施行。

レーザー治療とは
人間でいう温泉療法のようなもの。
筋肉の中を直接温め
筋肉をほぐす効果と鎮痛効果がある。


そのあとにマッサージ施行。
マッサージの指導も行ってくれた。

就職したての頃を思い出した。
先生にはりついてマッサージのやり方をメモにとる。
聞き逃したり疑問に思ったことを聞きながら。

むしろ就職したての頃よりも
熱心だったと思う。(笑)


らんくんはマッサージが気持ちよかったのか
診察台の上であぐらをかきはじめた。

先生がこのようにリラックスしている状態で
行うことが好ましいとのこと。


ついでにあぐらをかくのは関節が悪いからとかではないかと
質問すると問題ないと。



この日初めて笑った気がした。



現在の食事の状況を説明する。
下痢が続いていたため
フードを探している途中であること。
穀物不使用、高タンパク質、低炭水化物の
イノーバ・エボを与えていること。
グリーントライプを知りこれも与えていること。
運動したあとはヨーグルト、ドッグミルク、馬肉、
生のささみを与えていること。
フードをローテーションさせようと考えていることetc.


地元の病院でも確認しようと
同じように説明しても
「私は餌には頓着がないもので。
人間よりいいもの食べさせていますね。
いいんじゃないですか十分でしょう。」と
笑って話す感じであったのに対し、
この先生は
全てうなずきながらカルテに記入し
全て知っていて
運動量からしてたんぱく質の量も適量、
フードの量も蘭丸ちゃんの体を見る限り適量でしょうと
的確に答えてくれた。

らんくんの関節の状態からして
体重は17キロ前後がベストであると教えてくれた。

そして
筋肉量を増やすことと
柔軟性・ストレッチを合わせて行うことが重要であると話してくれた。

筋肉量を増やすこと、スタミナをつける事は
すぐに目を向けることが多いが
柔軟性・ストレッチに関しては軽視されがちだという。





ディスクをする前に必要なこと。
10分間のウォーキング、ストレッチ。


ディスクの試合前に歩かせているのは
試合中に糞尿行為をさせないためではないんですね。
怪我をさせないために必要なんです。


そしてディスクの練習ではまず短い距離から飛ばし
徐々に遠くへ。
いきなりの全力疾走はNG。

ディスクが終わった後はストレッチを。


らんくんは今は炎症があるためマッサージのみ。
次回受診時炎症がとれていたら
ストレッチの方法を指導しますとのこと。


3日間は安静。
散歩はトイレのみ。室内は自由。
3日後からは
人の歩くペースで15分の散歩はO.K。
このとき痛みが出ていないか腰を押して痛みがでていないか
確認すること。


人間と同じで
動かさないと関節や骨は固まってしまうため
徐々にもとの運動量に戻すトレーニングをしていくことが重要であると。

次の大会はお休みします。
ディスクは続けていけるので心配いりませんと言われました。

私はディスクの前に
普通に生活できるということがわかったので
本当にほっとしました。

ずっと考えていました。
まだ2歳なのに歩けなくなったり
障害が残ったりしたらどうしようと。

らんくんの笑顔を奪う結果になったら
どうしようと。







本当に紹介してもらいよかったです。
みなさんありがとうございます。



おうちに帰ってからのらんくんと言えば。




ママンは夕方からお仕事だったため
パパにお薬を飲ませてもらったのだが
お薬がまずいようで
ぺっと吐きだしたらしい


そして今日は。



あそぼとおもちゃ攻撃の嵐

室内自由っていっても
限度があるでしょうが

と怒りますと



なんでって感じでして

そのあとも何度もおもちゃを持ってくるので
スーパー無視をかましますと




なんで遊べないんだ
青空を一人静かに見上げていました













ガウンテクニック☆。

  1. 2011/07/25(月) 21:51:11_
  2. 蘭丸
  3. _ tb:0
  4. _ comment:6


何を着ているかわかりますか




実はこれ
パパのTシャツなんです


ブドウ球菌に勝てなかったひ弱な蘭丸さんが
痒いのを我慢できずに
カミカミするのを防ぐため
ママン渾身の力をこめて
パパのTシャツをひきちぎり作成した
防御服


ちょっと暑いかもしれないけど
我慢だらんくん


そうこうしていると
エアコンの効きがなんだか悪い気がする





踏んだり蹴ったりな蘭丸さん


10年間フィルター掃除不要のはず。。。
なぜ

業者さんにみてもらったところ
分解洗浄が必要だという


聞いてねーよ電気屋さん
一番いいエアコンで
お掃除いらずだったんじゃないんですか




ちっ

再度業者さんをよんで
2時間の分解洗浄の結果







快適


らんくんは
もうお薬も飲まなくて良くなり
すっかりよくなりました


あとは刈られた毛が生えるのを待つだけ









お薬。

  1. 2011/07/06(水) 00:16:42_
  2. 蘭丸
  3. _ tb:0
  4. _ comment:14
7月4日の夕方。

残業だったため、仕事が終わってパパに電話すると
らんくんがしきりに
左のおしり付近をお口でカミカミしているという。


どうしたの

見てみると5×5cm程毛がごっそり抜けていて
皮膚から浸出液が出ている。

最初は怪我をしてカミカミしたのかなと思い
今日は夜勤だし
消毒をして1日様子をみようかと思ったのだが
数分後にはじんわりと出血しだした。

すぐに病院へ。


診察の結果

「急性表皮性湿性膿皮症」
別名「ホットスポット」

感染症に分類されるがアレルギー疾患とのこと。

初めて聞く病名にびっくりはしたものの
病名がついたことで少しほっとしたのも事実。


もしも原因不明で治療のしようがないとか言われたらどうしようとか
車の中で色々考えていたので


診察台の上で先生が見てすぐにこの病名を言った。
ものすごく痛痒いらしい。
夏場のしかも梅雨時期に起こることが多いとの事。
毛が密集している動物に多いと。

原因は不明。
免疫性のアレルギー疾患のため
この病気になりやすい子なりにくい子がいるという。


バリカンで左おしり付近をかられてしまった。
このときのらんくん。
ママンにしがみついて
鼻息Max


お薬を塗られると
それまですっごく我慢していたのだがさすがに
ピーっ

えらかったよ
よく我慢したね


そしてお薬を処方された。



ママンびっくり

人間と同じお薬

しかもステロイド。
これはかなり強いお薬。
早く連れてきてよかったと思った瞬間。

先生が言うには
1日あればすぐに形成してしまうとのこと。
確かに昨日はできていなかった。

もしも1日様子を見ていたとしたら。。。
考えたくない。


帰って調べてみると
「膿皮症」という病気は
ブドウ球菌などの細菌が増殖しておこる皮膚病。

ブドウ球菌というのは
常在菌と言って普段は全く悪さをしない菌。
身体の免疫力が低下していたりホルモンバランスが異常であったりすると
身体に悪影響を及ぼすのだ。

らんくん最近体調よくなかったのかな。
気付いてあげられなくて
本当にごめんね

かゆかったね。痛かったね。

ごめんね。。。



らんくんはいつも通り元気です




病院から帰ってからは
ママンがすぐに「らんくん大丈夫?」とか
「らんくん痒い?痛い?」とか
いつも以上に甘やかしたので
らんくんはやっと自分が病気だと気づいたらしく
いきなり重病人と化した

よくいるでしょ。
体温計の値をみていきなり具合が悪くなる人
あの状態

そんならんくんが


長毛種は特に夏場は皮膚がむれやすく
細菌が増殖しやすいのでお気をつけください。

再発しないように
体調管理を含め、じっくり観察していこうと思います。






<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



☆ランキング★

最新トラックバック

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

らんまりママン

Author:らんまりママン
FC2ブログへようこそ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。